RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
不動産の遺産分割の方法(代償分割)
「亡くなった親の名義の自宅をきょうだい3名でどのように手続きすればよいのですか?」

最近、よくご相談をうける内容です。
法律的にはきょうだい3名がそれぞれ3分の1ずつの相続分がありますので、そのようにするのが原則です。

が、

きょうだいのうちひとりが、今まで親と同居していて、これからも自宅に住み続ける場合などきょうだい3名の名義とすると、今後きょうだいの死亡によりまた相続が生じるなど、いろいろと不都合なことが起こる可能性があります。

この場合、どのような方法があるでしょうか?

遺産分割は被相続人の財産を相続人全員で分けるのが原則ですが、相続人のうちひとりが、自身の相続分以上の被相続人の財産を取得する代わりに、他の相続人に相続分に見合った対価を支払う方法があります。

これを「代償分割」といいます。

もちろんこれも遺産分割協議ですから、相続人全員が合意していなければなりません。

当事務所では遺産相続や遺産分割に関するご質問、ご相談も承っております。
HPでは遺産相続についての基礎知識もご紹介しています。ぜひご覧ください!
大阪河内長野の司法書士|遺産相続・遺産分割|赤嶺司法書士事務所
author:司法書士 赤嶺和弘, category:遺産相続, 16:28
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 16:28
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://aka-sozoku.jugem.jp/trackback/2