RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
相続登記のご相談は土日も承ります

大阪の司法書士赤嶺です。

当事務所のホームページ

相続登記支援室 大阪|相続登記なら赤嶺司法書士事務所

でもご案内しておりますが、相続登記のご相談やその他のご相談も

当事務所は、土曜、日曜、祝日でも対応可能です!

平日はお仕事でお忙しい方でも、ゆっくりと安心してお話しをお伺いできます。

また、平日夜間も可能な限り対応いたしますので、お気軽にお問合わせください。

実際に昨日(日曜日)も、何件かお問合わせをいただきました。

やはり休日に電話でも対応してもらえるのはありがたい、というお声も頂戴しております。

みなさんのご要望に沿えるよう、がんばっていきたいと思っておりますので、

今後ともよろしくお願いいたします。

author:司法書士 赤嶺和弘, category:相続登記, 13:59
comments(0), trackbacks(0), - -
ご相談は土曜日曜でも対応可能です!
 こんにちは。

大阪の司法書士赤嶺です。

今日は土曜日ですが、午前中、登記のご依頼でお客様がご来所されます。

午後は、月に一度の無料法律相談会が

河内長野駅前ノバティホール(ノバティ南館3階)に参加します。

サラリーマン時代と違って土曜日、日曜日でも依頼があれば対応(仕事)する

ことが多くあります。

皆さまもお気軽にご相談くださいね。


相続登記支援室 大阪|相続登記なら赤嶺司法書士事務所
author:司法書士 赤嶺和弘, category:相続登記, 09:52
comments(0), trackbacks(0), - -
8月無料法律相談会のご案内
 こんにちは。

大阪の司法書士赤嶺です。

無料法律相談会のご案内です。

8月11日(土曜日)13:00〜16:00、

河内長野駅前ノバティホール(ノバティ南館3階)にて

河内長野市の司法書士グループによる無料法律相談会を実施いたします。

ご相談いただける内容は、

不動産の相続・売買や会社設立などの登記手続き

債務整理(民事再生・破産)

供託・訴訟・調停に関する書類の作成・手続きなどです。

予約がなくてもご相談をお受けできますので、気軽にお越しください。

10月を除く毎月第2土曜日に無料法律相談会を実施しておりますので、

今回ご都合がつかない方は次回をご利用ください。

「市報かわちながの」にも隔月でこの無料法律相談会のご案内が

掲載されていますので、ご確認ください!

相続登記支援室 大阪|相続登記なら赤嶺司法書士事務所
author:司法書士 赤嶺和弘, category:相続登記, 14:35
comments(0), trackbacks(0), - -
相続登記はお済みですか月間
 
2月は「相続登記はお済みですか月間」です。

これは日本司法書士会連合会が、毎年2月に行っている、

不動産を相続したものの相続登記(不動産の名義変更)をされていない方に対して、

できるだけ早く登記手続きをしてくださいと注意喚起をする広報活動です。

相続登記は相続税の申告と異なり、相続登記には期限がなく、

放置していても罰則がないことが挙げられます。

しかし、不動産の名義が、被相続人のままになっていると、

売却や不動産を担保にしてお金を借りる場合に、

結局、前提として相続登記をする必要が出てきてしまいます。

また、相続登記は、時間の経過とともに相続人の相続人が発生するなど、権利関係が複雑になり、

費用も時間も余計にかかってしまうことになってしまいます。

ですから、できるだけ早い時期に登記手続を行うことがとても重要なんです。

確かに相続登記を司法書士などの専門家に依頼すると費用もかかるので,

相続登記をためらいがちになると思います。

でも、早い時点で相続登記を済ましておくことで、

先程ご紹介したような問題を未然に防ぐことができるんです。


相続登記支援室 大阪|相続登記なら赤嶺司法書士事務所
author:司法書士 赤嶺和弘, category:相続登記, 20:09
comments(0), trackbacks(0), - -
相続人へのお手紙
大阪の司法書士赤嶺です。

相続登記をメインに業務をしていますが、相続人間で面識がない場合や、

長年連絡を取っていない場合など、

遺産分割が無事まとまるか見通せないことがよくあります。

これがまとまらないと相続登記はできませんからね。

先日も長年連絡を取りあっていない相続人あてにお手紙を送りました。

この文面も結構苦労するんですよね。

なにせ相手がどういうお気持ちなのかわからないので、

相続分の権利を主張するのか、要らないといってくるのか。

どちらにでも対応できるように、かつ、その方のお気持ちを害さないよう、

丁寧な文章を考えました。

結果、遺産分割が無事まとまる見通しがついたときはとてもうれしいものです。
author:司法書士 赤嶺和弘, category:相続登記, 09:02
comments(0), trackbacks(0), - -